ヘルペスと上手に付き合おう

ヘルペスウイルスに感染してしまい症状が出たという場合であっても、現代の医学であればある程度簡単に治療することが出来るようになりました。
特に初期段階で発見することが出来たのであれば、ほとんどの場合重症化する前に治療をすることが出来ます。
しかしヘルペスを一度発症してしまった場合、その人は長くその症状と付き合っていかなくてはならないのです。
これはどうしてかというと、症状がヘルペスウイルスというウイルスによって引き起こされるものであり、そしてこのウイルスは感染後、体から出ていくことがないからです。
症状が治まった後であってもウイルスは体内の神経細胞が集中している場所に住み着いてしまいますから、ちょっとしたことがきっかけで症状が再発することがあるのです。
そのため、一度発症してしまったのであれば、その後長く付き合っていくことになるのです。
さて、ではそうした付き合いをより上手く行うにはどうすれば良いのかというと、最も効果的になるのは再発抑制療法と呼ばれる方法です。
これは抗ウイルス薬と呼ばれるタイプの薬を毎日飲み続けることで、体にウイルスへの抵抗力を持たせるという治療です。
症状が出ていない時であっても続けなくてはならないという欠点はありますが、現在世界50カ国以上で採用されている治療法であるため、その実績はかなり優れていると言えます。
特に年6回以上などの高い頻度で再発を繰り返す場合、体がウイルスに対抗するための十分な力を持っていないということになりますから、こうした方法で治療が行われることになります。
加えて再発抑制療法にはパートナーへの感染拡大を予防する効果もありますから、パートナーと生活を共にするのであれば特別な事情が無い限り、検討したい治療となります。
また、ここまでの治療が必要ないという場合であっても、免疫力を落とさない生活習慣を心掛けたいものです。
免疫力、つまり体が雑菌やウイルスに打ち勝つ力はさまざまなことで低下してしまいます。
低下させる主な要因としては睡眠不足や偏った食生活、ストレスや喫煙・飲酒の習慣などです。
これらすべてをすぐに改善しなくてはならないというわけではないのですが、何も気にせずに自堕落な生活や、体に負担をかけすぎる生活を続けてしまうと、症状の再発率はどんどん高くなっていってしまいます。
ヘルペスに感染したことが無い人であっても、こうした抵抗力を落とす生活習慣があると体調を崩しやすくなるのですから、再発防止を望むのであれば、ゆっくりであっても生活習慣を見直していくことが必要です。

■ヘルペスを改善したいならこれです
ヘルペス治療にはバルトレックス
■ネット通販でこっそり性病治療
コンジローマにお悩みの方に薬の通販サイト
■性病かも?と思っても病院に行くのは恥ずかしい!という方は、自宅で自分で検査しましょう
エイズ 検査

ページトップへ