家族性の感性経路としてのヘルペス

ヘルペスと聞くと性行為により感染してしまうという印象を持っている人が大半です。しかし性行為でなくても感染することもあります。主に口唇ヘルペスはそのようなケースが多く、日常生活からも感染する可能性が少なからずあります。口唇にできるものと性器にできるものはタイプが異なっていますが、最近の性行為の多様化からオーラルセックスによって口唇に性器にできやすいヘルペスができることもあります。

家族性の感染経路というものももちろんあります。唾液に含まれていることから、同じ食器を使ったことで感染することもあります。またトイレによって性器ヘルペスがお子さんに感染してしまうというケースもあります。このようにして感染することがありますので、性行為によって感染するという思い込みはなくすようにしましょう。

家族性の感染経路としてタオルによって感染することがあります。家族性による感染経路として一番多いケースと言えます。当然ですが、家族でヘルペスに感染している、もしくは経験がある人は、家族によってタオルを使い分けるようにしましょう。お風呂などで感染するのでは?という方もいますが、そのようなケースはほんとにまれですので、あまり気にしなくて良いです。

ヘルペスの正しい知識を持つことが大切です。一度感染すると、免疫力の低下から発症することもあります。またヘルペスが性器にできたからと言って、性行為によって感染したと思い込むのもよくないことです。特にお子さんがいる家庭でそのようなことを思い込む親御さんも多いですので、ヘルペスのことをよく知ってから正しい知識で対応することが大切です。医薬品を用いることで、重症化を防ぐことが可能です。

ページトップへ